オーストラリア留学ならTAKEOFF オーダーメイドプラン&日本人医師のサポート

体験談

【親子】ママ友同士で親子留学。現地校通学。コンドミニアム滞在3週間。

  • 2018/09/10
田中佐江子さん

千田博子さん

長男(小3)長女(小1)

田中佐江子さん

長男(小1)

お友達親子二組で3週間の親子留学。現地校に2週間通学。

コンドミニアム。

私たちは、子どもたちが幼稚園時代に通ったインターナショナルスクールからのお友達です。インターナショナルスクールを卒園してからは、それぞれ日本の小学校に進学したため、ネィティブ並みに話せていた英語を、徐々に忘れていくことがとても心配でした。また、日本で話す英語が本当に海外でも通用するのかを確かめたいと思い、語学学校ではなく、現地の子どもたちが通う学校への短期留学を希望しました。夏休みの3週間の滞在予定のうち、現地校には2週間通い、残りの1週間は、ゴールドコースト周辺の観光地やテーマパークを回って遊び尽くしました。

 

海外旅行に慣れていたことや、右ハンドル、右側通行で運転のルールが日本とほぼ同じと聞いて、滞在はホームスティではなく、コンドミニアムを選択し、レンタカーを借りて、子どもの送迎や買い物など、日本と同じような生活をすることができました。

 

現地校の算数などのカリキュラムは、日本より少し遅れているようで、日本と同じ学年に入ると、クラスメイトより計算などは早くできたようです。心配していた英語力も問題なく、言葉の壁は感じなかったようですが、モーニングティやランチ、休み時間の過ごし方など、日本との文化の違いには、子どもたちも驚いていました。

 

また、学校が終わった後には、現地のこと同じように習い事に通わせたいと考えていましたので、知子さんにお願いしてゴルフと新体操に通うことができました。この、習い事体験は、現地校に通うよりも子どもたちにとっては楽しかったようで、好きなことに海外でも挑戦できるという環境がとても素晴らしいと感じました。

 

※千田さん、田中さんは、翌年もリピート滞在。同じ現地校に通いました。